前へ
次へ

ヘアケアのためのドライヤーの使用方法

ヘアケアのためには入浴の際に使用するコンディショナーやトリートメント選びが大切ですが、そのあとのドライにも気を配る必要があります。
髪はキューティクルと呼ばれる組織が折り重なるようにしてできていて、水分を与えるとその重なりが開きがちになります。
そうなると髪同士や枕などで摩擦が発生しやすくなり、小さなレベルで引っ掛かることで髪はダメージを受けてしまいます。
そうならないために、摩擦が起こってもキューティクルが閉じて受けるダメ―ジを減らす目的として、ドライヤーで短時間の内に乾燥させてしまわなければなりません。
ドライヤーを使用する際に注意すべき点は、あくまでも髪の水分を飛ばすことです。
ほとんどのドライヤーが温風を発生させますが、熱で蒸発させるのではなく、風邪で飛ばすことを意識してください。
熱だけで乾燥させようとすると逆に髪が傷んでしまい、ヘアケアどころではなくなってしまいます。
そのため一点に集中して温風を当てるのではなく、万遍なく移動させることが大切です。

Page Top